試作加工技術がウナル画期的ソリューション

NT1200

高強度・高耐熱の「複合ナイロン注型システム」誕生

K-80システム NT1200

NT1200 image

※製品イメージです。実際の製品と外観が異なる場合がございます。

試作屋が培った技術を生かして開発・特許を取得した唯一の熱可塑性注型材「3NI-NYLON」(ナイロン6モノマー原料)

3NI-NYLONのパフォーマンスを最大限に引き出す為に開発されたナイロン注型システムNTシリーズ。

高度な技術と多様化するニーズに対応可能な画期的ソリューションの誕生です。

原料システム・成形装置・成形型をトータルでサポートいたします。

ユニット構成

MODULE 4L
KW-100A・KW-100B(ナイロン6モノマー原料)の管理・計量を行う装置。
一般的なウレタン注型作業に必要な予備脱泡などは不要です。​

MU-3L
KW-100を最適に混合吐出する装置。
※GF等の強化材の複合は別途オプション。​

 WT-10L
MU-3Lをバッチ毎に最適な環境にするための洗浄材タンク。​
KW-100Cでキャスティング毎に自動洗浄します。​

NT1200
通常3000tクラスの成形機を使用する大型製品をシリコーン型を用いて真空注型可能です。​

K-80コントローラ
システム全体をコントロールする制御盤。

ウレタン注型・ナイロン注型条件比較表

項    目ウレタン注型ナイロン注型
型     温60℃~70℃140℃~160℃
樹  脂  温30℃~40℃95℃~105℃
可 使 時 間5分1分30秒
硬 化 条 件60℃~70℃×60分140℃~160℃×5分
G F 混 合×
粘度 (mPa・s)約1200mPa・s (25℃) 約1mPa・s (69℃~)
荷重たわみ温度 (1.820Mpa)80℃ 177℃
曲げ強さ (Mpa)108 124
曲げ弾性率 (Mpa)2410 3320

 粘度 約1mPa・s (69℃~)
ガラス混合が可能な粘度を実現。

荷重たわみ温度 177℃
自動車エンジンフード内最大150℃程度に対しても十分な耐熱性を実現。

GF添加、インサートにより最大で以下の数値まで強化することが可能です。
 荷重たわみ温度 213℃ (1.820Mpa)  曲げ強さ 175Mpa  曲げ弾性率 6960Mpa

機能部品や自動車実用試験部品でも多数の実績。
少量生産の量産品等にも安心してご活用頂けます。

NT1200を利用したナイロン6注型サービスも行なっております。

詳しくは